株式会社カシータ > 株式会社カシータのスタッフブログ記事一覧 > 大仙市(大曲)の介護保険制度も利用したリフォーム工事事例

大仙市(大曲)の介護保険制度も利用したリフォーム工事事例

≪ 前へ|年末の交通安全運動 大仙地区交通安全協会   記事一覧   フラット35は自営業者にも優しい住宅ローン|次へ ≫
カテゴリ:見積、施工事例・取引事例

大仙市(大曲)の介護保険制度も利用したリフォーム工事事例

リフォームのご相談で多いのが、ご自宅のバリアフリー化です。

少子高齢化が進んでいく現代では、高齢のお客様だけでなく、ご自分の老後に備える意味でも、また高齢の方の来客に備える意味でも、バリアフリーが重要視されているようです。

階段部分をスロープにすることで、車いすや台車を使いやすい設計にしたり、手すりを設置することで、高齢の方や障害をお持ちの方でも、より暮らしやすい住宅になります。

また、日本人のライフスタイルの変化によって、現在では「和室が使いづらい」、「和室が物置になっている」というお声も頂きます。

そのため、和室から洋室へリフォームを考えている方も多いようです。

今回は、築20年の一般的な住宅物件です。
敷地から玄関階段、リビングからキッチン、お風呂やトイレへなど、水回りへ動線にも段差が多い物件でした。

お母様の介護の必要もあり、間仕切り、間取り変更と手すり設置、階段段差解消など、バリアフリーに基づいて、介護しやすい家へのリフォームを行っています。

リフォームの費用については、介護保険の住宅改修費用助成制度を申請いたしました。

大仙市や秋田県のリフォーム補助金の支給制度も利用することで、さらに金銭的な負担が軽くなってきます。

玄関アプローチを見直し、思い切って手すり+コンクリートの玄関スロープを刷毛引き仕上げ。

タイルや石材にくらべ原価も安く、工事の難易度も高くないので費用を安価に抑えることができます。

水回りには、CF(クッションフロア)を施工してあります。

防水性が高く、万が一飲み物などをこぼしてもサッとひと拭きで綺麗になるため、カビにもなりしくいです。

また、フローリングなどと比べ若干クッション性がありますので、転んでしまった場合でも大きな怪我に繋がりにくいです。

2つあった和室は洋室にリメイク。
コストを抑える事も考慮し真壁は生かしたまま、壁紙も張替えを行い、明るいお部屋に生まれ変わりました。

押入は、中棚を撤去して、ハンガーパイプで利用しやすい形に大工さんに造作してもらいました。

床材は、滑りにく、くつまづきにくい、転倒防止に配慮して快適な歩行感を生み出す、UV抗菌耐摩耗防滑マットコートを施した製品で、高齢者や介護が必要なご家庭におすすめの床材です。

車イスの走行傷や、水や汚れにも強いのでお手入れも簡単なのも特徴です。

表面の硬度が高いため、杖やキャスター付きイス、車イスも使えます。


工事期間中は、施主様、近隣の皆様の多大なるご理解とご協力を頂き、無事、工事を完了することができました。ありがとうございました。

すまいのリフォームのご相談やお見積りに費用はかかりません。無料です。
まずは、ご来店予約ページまたはお電話で、事前のご予約をお願いいたします。

株式会社カシータ|すまいの相談窓口
秋田県大仙市若竹町31番5号




≪ 前へ|年末の交通安全運動 大仙地区交通安全協会   記事一覧   フラット35は自営業者にも優しい住宅ローン|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

最新記事



トップへ戻る