株式会社カシータ > 株式会社カシータのスタッフブログ記事一覧 > 大仙市(大曲)の空き家・空き地 無料相談窓口 

大仙市(大曲)の空き家・空き地 無料相談窓口 

≪ 前へ|平成30年 大仙市住宅リフォーム支援事業    記事一覧   大仙市 大曲 優勝軒”まかないが原点!濃厚醤油豚骨タレにからむモッチリ太麺が食欲を刺激する特製もりそば”|次へ ≫
カテゴリ:お知らせ・イベント

大仙市(大曲)の空き家・空き地 無料相談窓口 


「売る」「貸す」「そのまま管理する」


相続した実家や空き家を活用できず、これからどうすればいいのか決められないまま、所有しているケースが多くなり、全国的にも、空き家の数が増え続けています。

大仙市でも、空き家等の適正管理に関する条例が制定され、多くの方に対策の必要性が認識されてきました。

空き家はそのまま放置すると、放火、犯罪に使われる、町の景観が悪くなる、ご近所へ迷惑をかける、などの問題を起こしがちです。

ニュースや新聞でも「空き家問題」として、たびたび取り上げられています。

また、平成27年度の空き家対策特別措置法でも、「特定空き家」に認定されると、行政処分を受けたり、固定資産税が最大6倍になってしまったり。


問題の先送りをやめ、相談をして対策をしましょう


問題の解決策は、主に3つです。
「売る」「貸す」「そのまま管理する」

・売却するとしても、建物はまだ使えるのか?解体して更地にした場合の解体費用は?
・相続登記をしていない。売れた場合の税金は?
・貸すにあたってリフォームは必要?どんな条件で貸す?
・そのまま管理した場合の経費は?冬場の雪おろしはどうするの?
・補助金や支援の制度を使えないか?
・空き家バンクへの登録の仕方を教えてほしい


ご相談いただくお客様それぞれに、お持ちの不動産の状態や、ご家族のご事情など様々です。

どの方法をとるのがよいのか、メリット・デメリットについて個別の状況に合わせて、これまでの事例をふまえて、ご提案させていただきます。

先日ご相談いただいたお客様は、「補助金の支援制度を市役所に相談に行き、解体については、ご自分で業者さんに問い合わせてくださいと言われました。相続の登記のことは司法書士に相談に行って、解体後の登記のことは家屋調査士さんだと言われました。もう、疲れました。」

「売る」「賃貸」「そのまま管理する」どの方法を選択しても、市役所、工事業者さんや士業の方など、多くの方との連携が必要です。

当社にご相談いただくことで、上記のご相談がすべて完結します。不動産の登記や税のことも、提携士業の先生とともに、わかりやすく、全てサポートいたします。

ご相談に費用はかかりません。無料です。

まずは、当社お問い合わせフォームか、メールまたはお電話で事前のご予約をお願いいたします。
 
株式会社カシータ|大仙市(大曲)|すまいの相談窓口
秋田県大仙市若竹町31番5号
 
◆お問い合わせフォーム
 
◆メール
 
◆電話


≪ 前へ|平成30年 大仙市住宅リフォーム支援事業    記事一覧   大仙市 大曲 優勝軒”まかないが原点!濃厚醤油豚骨タレにからむモッチリ太麺が食欲を刺激する特製もりそば”|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

最新記事



トップへ戻る