株式会社カシータ > 株式会社カシータのスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローンの審査が通らない原因とは

住宅ローンの審査が通らない原因とは

≪ 前へ|はじめてモデルルームを訪れる際に必ずチェックしておきたい4つのこと   記事一覧   住宅購入が生命保険の代わりになるって本当?|次へ ≫
カテゴリ:住まいに関するお金のこと

住宅ローンの審査が通らない原因とは


「住宅ローンの審査に通らない場合もあるのでは」といった疑問を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ローンですので、当然ながら審査に通らない場合というのもございます。

そこで今回は、住宅ローンの審査が通らない原因についてお話しさせていただきます。


住宅ローンの審査が通らない原因


住宅ローンの審査が通らない原因は様々ですが、信用情報機関に滞納などの情報が登録されてしまっている状態だと、住宅ローンの審査にはまず通りません。

信用情報機関に滞納登録されている場合は、登録されてから最低でも5年以上はローンを組むことはできません。

信用情報機関に登録されていない場合でも、消費者金融に借り入れしていることで審査が通らないといったケースもあるようです。

信用情報機関への登録や消費者金融からの借り入れがないにも関わらず審査に通らないという場合は、勤続年数が短い、最低年収を満たしていない、収入が安定していないといった理由が考えられます。


住宅ローンの審査に通るためには


住宅ローンの審査は信用があるということを証明することができれば通ることができます。 

消費者金融からの借り入れを全て返済したり、信用情報機関に登録されている場合は5年以上の期間を置いたり、会社に長く勤め、安定した収入を得ているのであれば審査に通りやすくなるはずです。

また、住宅ローンの審査には雇用形態に制限がある場合もありますが、フラット35では雇用形態の制限がないのでパートやアルバイトでも申し込むことができます。


まとめ


今回は住宅ローンの審査が通らない原因についてお話しさせていただきました。いかがだったでしょうか。

住宅ローンは信用情報機関への滞納登録がなく、安定した収入を得ていることで信用を証明でき、審査にも通ることができます。雇用形態に不安があるという方でも、フラット35であれば申し込むことが可能です。

何かご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|はじめてモデルルームを訪れる際に必ずチェックしておきたい4つのこと   記事一覧   住宅購入が生命保険の代わりになるって本当?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

最新記事



トップへ戻る