株式会社カシータ > 株式会社カシータのスタッフブログ記事一覧 > リフォームローンと住宅ローンの違いは何なの?

リフォームローンと住宅ローンの違いは何なの?

≪ 前へ|住宅ローンの「融資手数料」と「保証料」の仕組みと相場   記事一覧   法人様の新規出店 事業用土地物件のお引渡しです|次へ ≫
カテゴリ:住まいに関するお金のこと

リフォームローンのイメージ写真



リフォームをするために借り入れをするには、大きく分けてリフォームローンと住宅ローンの2つがあります。


リフォームローン(無担保型)には担保が不要というメリットがありますが、その反面、金利が高いなどのいくつかのデメリットがありますので、しっかりと比較検討する必要があります。


そこで今回は、リフォームローンと住宅ローンの違いについて、お話しさせていただきます。

まずはリフォームローンから見ていきましょう。



リフォームローン(無担保型)とは?


リフォームローンとは、住宅の修繕や増改築など、リフォームをすることを目的に利用するローンになります。


メリット


  • ・担保が不要。
  • ・必要書類が少なく手続きが簡単。
  • ・審査の結果が早い。
  • ・比較的審査がゆるい。


住宅ローンとの大きな違いは、担保が不要で借入ができるところです。

そのため、必要書類が少なく手続きが簡単で、審査の結果も早いというメリットがあります。


また、審査内容は住宅ローンと同じように年収や勤続年数返済負担率などがみられますが、比較的ゆるい傾向にあります。


デメリット


  • ・金利が高い(2~5%程度)
  • ・返済期間が短い(最長10~15年など)
  • ・借入限度額が少ない(最高1,000万円以下など)

リフォームローンは担保が不要ですが、金利が高く、返済期間が短く、借入限度額が少ないというデメリットがあります。

したがって、多額な費用を要する大規模リフォームには向いていません。



 住宅ローン(有担保型)とは?


住宅ローンとは、マイホームをを担保にして借入をし、長期にわたって返済していくローンになります。

中古住宅を購入する際、以前は住宅ローンとリフォームローンを別々に借りることが多かったですが、現在では1本で借りれる金融機関が増えてきました。


主なメリット・デメリットは、リフォームローンの逆になります。


メリット


  • ・金利が安い(1~2%程度)
  • ・返済期間が長い(最長35年など)
  • ・借入限度額が多い(最高1億円以下など)

デメリット


  • ・担保が必要
  • ・必要書類が多く手続きが面倒
  • ・審査の結果が遅い
  • ・比較的審査が厳しい


どちらがおすすめなの?


どちらがおすすめなのかは、ケースバイケースによって変わってきます。


中古住宅を購入してリフォームする場合


中古住宅を購入してリフォームする場合は、住宅ローンで「住宅購入費用 + リフォーム費用」を1本で借りると、金利は低く返済期間は長く借りることができます。

そのため、毎月の返済額を抑えることができます。


ただ、一つ注意点があります。

通常の売買では、中古住宅の購入申込み後に、金融機関の仮審査を行いますが、その際にリフォームの見積書も必要になります。

購入申込み後すぐに仮審査を申し込むことが一般的であるため、予めスピーディーに対応してくれるリフォーム業者を見つけておいた方がスムーズです。


将来リフォームする場合


将来リフォームする場合は、その時点で住宅ローンの借り換えを検討してみましょう。

借り換えのときに、住宅ローンとリフォームローンを一緒に借りることができれば、ローンを1本化することができます。

そうすれば、金利が低く、返済期間は長く借りることができます。



まとめ


いかがだったでしょうか?

住宅ローンとリフォームローンの主な違いは、金利、返済期間、借入限度額、担保の有無、審査の手軽さ・速さ・厳しさなどがあります。


どちらを選ぶべきかはケースバイケースになりますので、しっかりと比較したうえで検討しましょう。


何かご不明な点がございましたら、お気軽にお申し付けください。

≪ 前へ|住宅ローンの「融資手数料」と「保証料」の仕組みと相場   記事一覧   法人様の新規出店 事業用土地物件のお引渡しです|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る