株式会社カシータ > 株式会社カシータのスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却にかかる税金とは?計算方法や税金対策に利用できる控除を解説

不動産売却にかかる税金とは?計算方法や税金対策に利用できる控除を解説

≪ 前へ|一戸建てにおける子ども部屋のポイントとは!間取りの決め方をご紹介   記事一覧   大仙市幸町の住宅用地のお引渡し事例|次へ ≫

不動産売却にかかる税金とは?計算方法や税金対策に利用できる控除を解説

不動産売却を成功させるには、いかにして売るかということだけでなく、税金についてもしっかりと理解しておくことが重要です。
というのも、不動産売却には高額の税金がかかることが多いからです。
この記事では、具体的にどんな税がかかるのかを知ると共に、節税のための対策としてどんなことができるのかを解説します。

不動産売却に関係する税金の種類とは?

不動産売却に関係してかかる税金はいくつもあります。
まず譲渡所得税というものがあります。
これは、給与にかかる所得税と基本的に同じもので、不動産取引によって発生した所得にかかる税です。
この譲渡所得税と同時に納付することになるのが、住民税と復興特別所得税です。
不動産取引をする際にかかる税としては、印紙税があります。
売買契約書を作成するときに、印紙を買って貼ることで納付します。
そして、移転登記をする時に納めるのが登録免許税です。

▼この記事も読まれています
不動産を売却する際に起こりやすいトラブルとは?事例を用いて解説

譲渡所得税の計算方法

不動産売却の中でも比較的高額になりがちなのが、譲渡所得税ですので、どのように計算するのかを確認しておくと良いです。
まず。譲渡所得を出す必要がありますので、物件を購入した時の取得費と売却にかかった支出を足します。
その後、売却額から引く、さらに特別控除額を差し引くと譲渡所得額が出てきます。
譲渡所得税の税率は、どのくらいその不動産を保有していたかによって変わるでしょう。
5年を超える期間であれば長期譲渡所得と区分されて、合計で20.315%となります。
5年以下の保有であれば短期譲渡所得となって、合計39.63%とかなり高率になってしまいます。
この税率と譲渡所得額にかけることで、譲渡所得税額の計算が可能です。

▼この記事も読まれています
自宅の査定には書類が必要!あると良い3種類の書類をご紹介

税金対策に使える控除・軽減制度

不動産売却では、譲渡所得から差し引くことができる控除制度が存在し節税対策に使えます。
その一つが「3.000万円特例」と呼ばれる制度で、マイホームを売った場合に控除されるというものです。
そして、長期譲渡にくわえて、さらに10年以上の物件保有をしてきたのであれば、軽減税率が適用されます。
軽減税率制度を適用すると、最大で14.21%まで税率が下がるので効果的な対策となるでしょう。
マイホームを買い替えるケースでは、住んでいた期間が10年を超える場合に、譲渡所得税を先送りできるという制度も設けられています。
さらに、住宅ローンの支払いが続いていて残債よりも低い金額で売却した場合、譲渡損失を給与などの別の所得から差し引くことができます。
実質的な節税対策となりますので、この損益通算をしっかりと適用しましょう。

▼この記事も読まれています
不動産の一括査定とは?仕組みやメリット・デメリットを解説!

税金対策に使える控除・軽減制度

まとめ

不動産売却に伴って発生する税金は多く、高額になることもあります。
一方で、いくつもの控除や軽減措置がありますので、よく理解して税金対策として活用できるようにしましょう。
大仙市の土地・中古住宅・新築建売住宅なら、株式会社カシータがサポートいたします。
住まい探しのご相談やお見積りは無料で受け付けます。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|一戸建てにおける子ども部屋のポイントとは!間取りの決め方をご紹介   記事一覧   大仙市幸町の住宅用地のお引渡し事例|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る