株式会社カシータ > 株式会社カシータのスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローン返済中に死亡したら残りはどうなるの?

住宅ローン返済中に死亡したら残りはどうなるの?

≪ 前へ|大曲駅付近の親子で楽しめるアンテナショップ&カフェ「毎日大曲」   記事一覧   大曲駅付近の人気喫茶カフェ「ミルクハウス」の定休日や場所まとめ|次へ ≫
カテゴリ:住まいに関するお金のこと

住宅ローンのイメージ写真



突然ですが、ご主人が住宅ローンを契約し、万が一、返済中に亡くなられた場合は、住宅ローンはどうなるのでしょうか?

一家の大黒柱が亡くなれば、残された遺族は不安になりますよね。


そこで今回は、住宅ローン返済中に死亡した場合について、お話しさせていただきます。

「民間の金融機関」と住宅金融支援機構の「フラット35」で大きな違いがありますので、見ていきましょう。



民間の金融機関の場合


民間の金融機関の場合は、団体信用生命保険(団信)により住宅ローンの残債がゼロになるケースがほとんどです。


民間では、団信への加入を条件に、住宅ローンを貸し出しています。

団信に加入することで、住宅ローン契約者が万が一死亡または高度障害になった場合、保険会社から金融機関に保険金が支払われ、住宅ローン残債がゼロになる仕組みになっています。

(※残債とは、住宅ローンの残りのことを言います。)


金融機関としては、団信への加入を条件とすることで、住宅ローンの未回収のリスクをさけることができます。

また、借入者としても、遺族に残債のない住宅を残すことができるため、安心へとつながります。

金融機関・借入者共にメリットがある仕組みになっています。


保険料については、住宅ローンの金利に含まれていることが一般的なので、保険料を支払っているという感覚がないかもしれません。


ただ、団信に加入するには、健康状態に問題がないことが条件となります。

もし、団信の審査で健康状態がひっかかり通らなかった場合は、民間では住宅ローンを借りることができません。



 フラット35の場合


フラット35とは、住宅金融支援機構と民間の金融機関が共同で提供する住宅ローンです。


民間の金融機関と違って、団信の加入は「任意」になっています。

そのため、健康状態に問題があって民間の金融機関で借りれない場合は、フラット35が強い味方となります。


ただ、万が一借入者が死亡した場合、団信に未加入であれば、住宅ローンの返済は相続した遺族に引き継がれますので、注意が必要です。


団信に加入する場合は、民間と同様、万が一の場合は住宅ローンの残債がゼロになります。


団信の保険料については、金利に別途上乗せして支払っていきますので、加入する場合は毎月の返済額が多くなります。



 まとめ


いかがだったでしょうか?

住宅ローン返済中に死亡した場合は、団信へ加入していれば残債がゼロになり、未加入であれば返済が遺族に引き継がれます。
団信への加入は、民間の金融期間は必須であり、フラット35は任意になります。


住宅ローンは、万が一のことも考えて選んでおくと安心です。
何かご不明な点がございましたら、お気軽にお申し付けください。

≪ 前へ|大曲駅付近の親子で楽しめるアンテナショップ&カフェ「毎日大曲」   記事一覧   大曲駅付近の人気喫茶カフェ「ミルクハウス」の定休日や場所まとめ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る