株式会社カシータ > 株式会社カシータのスタッフブログ記事一覧 > 住み替えの悩み~購入が先か?売却が先か?

住み替えの悩み~購入が先か?売却が先か?

≪ 前へ|居住用財産を売却した時の税制優遇   記事一覧   賃貸アパート・住まい購入どっちがいいの?|次へ ≫
カテゴリ:住まいに関するお金のこと

住み替えの悩み~購入が先か?売却が先か?


住み替えを考える際、売却を先にしたらいいのか?購入を先にしたらいいのか?を迷われると思います。

どちらを先行してもメリット・デメリットがあります。自身の資金状況を考えながら販売のタイミングを決めましょう。


売却先行のメリット


・売却代金で住宅ローンの返済ができる
・売却を急ぐ必要がない為、ゆっくりと買主と交渉ができる
・住替え先の資金計画が立てやすい


売却先行のデメリット


・購入物件が見つからない場合、仮住まいの必要がある。
・引っ越しが二回になる可能性がある
※売却先行を、売り物件があまり出てこない地域で行うと、仮住まいの可能性が高くなりますし、仮住まいの期間もながくなるかもしれませんので注意が必要です。


購入先行のメリット


・仮住まいの必要がない
・ゆっくりと購入物件を探せる
・空き家になってからの販売なので、内覧の対応の必要がなくなる。


購入先行のデメリット


・住宅ローンを二重に支払う可能性がある
・売却を急ぐため、売却価格が下がる可能性がある

売却先行・購入先行どちらにもメリット・デメリットがあります。
メリット・デメリットを確認したうえで、資金状況に合わせて考えてみます。


資金に余裕がある場合は、購入先行


住宅ローンが二重になっても余裕がある場合は、購入先行でもいいと思います。
仮住まいの必要もありませんし、ゆっくりと物件を探せます。


資金の計画をしっかり立てたい場合は、売却先行


売却金額が確定してから、購入物件を検討することはとても安心できる進め方です。

売却代金で、残りの住宅ローンの返済や購入物件の頭金が計算できます。

購入物件が見つからない場合は、仮住まいになります。買主と引き渡し日を長めに取れるよう交渉しましょう。


不動産会社の買取金額に納得できる場合は、同時進行!


物件の条件によっては、不動産会社が買取ってくれる可能性があります。

この場合、買取金額で資金計画が成立つかが重要です。

買取を利用すると、すぐに購入したい物件の購入に向けて行動できるメリットがあります。

※物件の立地や状況によって、買取をしてもらえない可能性があります。


まとめ


住み替えを検討する際、自身の資金状況が大きく影響します。

しっかりと資金計画を立てることが重要になってきます。

のケースでも売却を完了する必要がありますので、信頼できる不動産会社に売却を依頼しましょう。

気軽にお問い合わせ下さい。

≪ 前へ|居住用財産を売却した時の税制優遇   記事一覧   賃貸アパート・住まい購入どっちがいいの?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

最新記事



トップへ戻る