株式会社カシータ > 株式会社カシータのスタッフブログ記事一覧 > もし住宅ローンが返済できなくなったら、どうすればいい?

もし住宅ローンが返済できなくなったら、どうすればいい?

≪ 前へ|インスペクターに学ぶ中古住宅のチェック箇所-建物内部編-   記事一覧   話題のリバースモーゲージ、そのメリットとデメリット|次へ ≫
カテゴリ:住まいに関するお金のこと
もし住宅ローンが返済できなくなったら、どうすればいい?


子供が大学へ進学し、学費や毎月の仕送りに追われて住宅ローンを支払えない。

夫婦連名で目一杯ローンを組んだのに、妻が妊娠して働けなくなった。

転職したら、月収が大幅に下がってしまった……。

住宅ローンを組む時に背伸びをしてしまうと、こうした様々な事情により、後から支払いが出来なくなって苦しむことになります。

もし、住宅ローンを支払えなくなったらどうすれば良いのでしょうか?


『競売』と『任意売却』の違いについて


『競売』とか『任意売却』という言葉を聞いたことありますか?

住宅ローンを組むと、その不動産に対して抵当権が設定されますよね。

『競売』とは金融機関が住宅ローンの回収をできなくなった時に、“代位弁済”をした保証会社がこの抵当権をもとに裁判所に申し立て、強制的に不動産の売却を行うことをいいます。

対して『任意売却』は、住宅ローンの返済が困難になった際に不動産業者や任意売却の専門業者に間に入ってもらい、不動産売却のためのスケジュール調整や手配をしてもらうことです。

住宅ローンが支払えなくなった場合、最終的にはこのどちらかの方法で解決することになります。

しかし、『競売』の方が任意売却に比べて売値が低くなってしまうとか、『競売』の情報が表に出てしまう、すぐに立ち退かなければならなくなるなどデメリットが多いため、できる限り『競売』は避けるべきでしょう。

多くの場合、滞納が半年も続くと『競売』の手続きに入ってしまいます。

「競売開始決定通知」が届くと不動産を担保として差し押さえられた合図ですので、その前に一刻も早く不動産会社へ相談に行くようにして下さい。


『任意売却』の前に出来る限りの対策を


「住宅ローンが払えない…」

切実にそう感じた時、まず真っ先にすることは、住宅ローンを組んだ金融機関へ相談に行くことです。

それも、できるだけ早い段階で相談に行って下さい。

滞納してから相談に行くのと、きちんと返済している間に相談に行くのとでは、金融機関側の心証も違います。

金融機関によって対応は様々ですが、返済の相談に行くと「リスケジュール」(=リスケ)といって、返済期間を延長したり、毎月の支払額を少なくするなどの対処をしてもらえることがあります。

家庭の収支が改善する見込みがあるのでしたら、一定期間だけ支払いを猶予してもらうことも可能かもしれません。

「対処をしてもらえる」と断言できないのは、どのような事情によって支払いが出来なくなったかによって、対応してもらえない場合もあるからです。

絶対にやってはいけないのは、家を手放したくないあまり借り入れをしてまで今まで通り返済を続けようとすること。

結果的に自分の首を絞めることになってしまいますので、まずは金融機関に相談。これだけは忘れないで下さい。


住宅ローンを組む前に家族でしっかり話し合いを


会社が倒産した、リストラにあったなどの事情であれば、金融機関も何らかの救済措置を考えてくれるでしょう。

ところが、これが「妻が妊娠した」「子供が進学した」「両親の介護が始まった」などの理由になると、対処してもらえない可能性が高いです。

最も大切なのは、住宅ローンを組む前の段階でしっかりご夫婦で将来設計について話し合っておくこと。

そして、例えばボーナス払いはしない、夫婦連名での借り入れはしないなど、将来設計に応じていつでもゆとりを持った支払いが出来るよう、返済計画をしっかり立てておくことです。

≪ 前へ|インスペクターに学ぶ中古住宅のチェック箇所-建物内部編-   記事一覧   話題のリバースモーゲージ、そのメリットとデメリット|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

最新記事



トップへ戻る