株式会社カシータ > 株式会社カシータのスタッフブログ記事一覧 > 築浅の一戸建てを売却する理由は?売却時のコツも解説!

築浅の一戸建てを売却する理由は?売却時のコツも解説!

≪ 前へ|住みながら不動産売却する方法とは?メリットや注意点もご紹介   記事一覧   公式SNS一覧|株式会社カシータ|次へ ≫

築浅の一戸建てを売却する理由は?売却時のコツも解説!

一戸建ての売却を検討しているものの、売却のタイミングに悩む方は多いのではないでしょうか。
築浅の一戸建ては売れやすいイメージがある一方で、売却にいたった理由を気にされてしまうこともあります。
そこで今回は、築浅の一戸建てが売却される理由や売却する際のコツを解説します。

築浅一戸建てを売却する理由

築浅一戸建てを売却するきっかけには、ローンの返済が厳しくなったり、まとまったお金が必要になったりしたケースが挙げられます。
また、転勤や世帯人数の変化といった理由もあり、いずれも想定外の要因で手放すことが多いといえます。
ただ、購入希望者のなかには、築浅なのになぜ売り出されているのか不安に思う方も少なくありません。
購入希望者の不安を解消し、納得して購入してもらうためにも、売却理由をきちんと伝えることが大切です。
いわゆる事故物件など、なんらかの瑕疵がある場合は、購入希望者への告知義務があるため注意しましょう。
万が一、告知義務を怠ったまま売却すると契約不適合責任を問われ、損害賠償請求や契約解除につながりかねません。

築浅一戸建ては価格が下がる前の早期売却がおすすめ

築浅の一戸建てを売却したいなら、できるだけ早期に売却活動を開始するのがおすすめです。
一戸建ての売却相場は築年数とともに大きく下がり、たとえば築5年の一戸建てであれば、売却価格は購入時の70%ほどです。
さらに5年経過した築10年の一戸建ての価格相場は、購入時の60%にまで下落しています。
そのため、中古一戸建ての売却市場では、築5年以下の物件が増加傾向にあります。
実際の売却では、一戸建てそのものの価値以外にも、立地や土地の広さといった要素から売却価格が算出されますが、なるべく高く売りたいのであれば早めの売却が好ましいです。


築浅一戸建てを早期売却するコツ

築浅の一戸建てを売却する際は、適正価格で売り出すのが大切です。
売主の心情としては、なるべく新築に近い価格で売却したいと考えがちですが、相場とかけ離れた価格では買い手も見つかりにくいです。
周辺の類似物件の売却価格を調べて、適切な価格設定を心掛けましょう。
住宅ローンが残っている場合、ローンの完済を想定した価格設定も重要です。
また、エアコンや照明器具などの住宅設備をどのくらい残すかは、事前によく検討したいポイントです。
購入希望者によっては、設備も買取たいと依頼されるケースもあり、希望を受け入れると好印象につながります。
くわえて、不動産売却では利益に応じて税金がかかるので、控除制度を利用するなどの節税対策を講じてから確定申告しましょう。

築浅一戸建てを売却する理由

まとめ

築浅の一戸建ては、売主の転勤といった事情や資金調達目的で、早期に売却されることがあります。
一戸建ては、築年数の経過で売却価格が大きく下がるため、売却を検討しているのであれば、なるべく早く売却活動を開始するのが重要です。
早期売却したいなら、周辺相場に合わせた適切な価格設定などの対策が有効です。
大仙市の土地・中古住宅・新築建売住宅なら、株式会社カシータがサポートいたします。
住まい探しのご相談やお見積りは無料で受け付けます。
まずは、お気軽にご相談ください。


≪ 前へ|住みながら不動産売却する方法とは?メリットや注意点もご紹介   記事一覧   公式SNS一覧|株式会社カシータ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る