株式会社カシータ > 株式会社カシータのスタッフブログ記事一覧 > 自宅の査定には書類が必要!あると良い3種類の書類をご紹介

自宅の査定には書類が必要!あると良い3種類の書類をご紹介

≪ 前へ|住みながら不動産売却する方法とは?メリットや注意点もご紹介   記事一覧   公式SNS一覧|株式会社カシータ|次へ ≫

自宅の査定には書類が必要!あると良い3種類の書類をご紹介

自宅の売却にあたって査定を受けるときには、物件本体のみならず、物件に関する書類も確認されます。
関連する書類を提供できたほうが査定の精度も高まるため、書類はできるだけ用意するのがおすすめです。
今回は、自宅の査定時にあると良い書類として、自宅の購入時の書類、住宅ローンの書類、登記簿謄本・測量図の3種類をご紹介します。

自宅の査定時にあると良い書類①自宅の購入時の書類

自宅の購入時の売買契約書・重要事項説明書には、物件に関するさまざまな情報が載っており、家の売却にあたっても良い資料となります。
当時の書類がまだ残っている場合は、査定時に資料として忘れず提供したいところです。
また、間取り図やパンフレットなどは、建物部分に関する良い資料となります。
両資料があると、建物の情報をしっかり把握できて査定の精度が高まるうえ、買主向けの図面も作成しやすくなります。

自宅の査定時にあると良い書類②住宅ローンの書類

住宅ローンを完済している場合、抵当権抹消登記がおこなわれ、抵当権解除証書などが渡されます。
抵当権の抹消に関する書類は、売却する自宅に住宅ローンが残っていない証明書となるため、手元にある場合は査定時に提出しておきましょう。
住宅ローンがまだ残っている場合は、残債額を正確に確認できる資料として、金融機関が発行する残高証明書を用意します。
このほか、売却する自宅がマンションである場合、管理規約や管理費・修繕積立金に関する書類も可能なら提出します。
いずれも買主にとって重要な情報が載っている書類であり、買主が資金計画を立てる際にも役立つからです。

自宅の査定時にあると良い書類③登記簿謄本・測量図

不動産の登記簿謄本を見ると、不動産の所有権が誰にあるのか、敷地の正確な面積はどれくらいなのかなど、その不動産に関する一連の情報を把握できます。
不動産の査定にも役立つため、登記簿謄本も可能なら用意したい書類です。
また、一戸建ての売却にあたっては、敷地部分の境界線が確定しているかが大事なポイントになります。
境界線の位置を正確に確認できる測量図がある場合、査定にあたって提出をおすすめします。
なお、査定時にあると良い書類には、売主の身分を確認できる「身分証」など、ほかにもさまざまなものがあるため、用意できる書類はもれなくご用意ください。

自宅の査定時にあると良い書類①自宅の購入時の書類

まとめ

自宅の査定時にあると良い書類について、自宅の購入時の書類では売買契約書や重要事項説明書など、住宅ローンに関する書類では抵当権の抹消書類や残高証明書などが挙げられます。
また、不動産のさまざまな情報を把握できる登記簿謄本や、敷地部分の境界線の位置を確認できる測量図なども、あったほうが良いといえます。
大仙市の土地・中古住宅・新築建売住宅なら、株式会社カシータがサポートいたします。
住まい探しのご相談やお見積りは無料で受け付けます。
まずは、お気軽にご相談ください。


≪ 前へ|住みながら不動産売却する方法とは?メリットや注意点もご紹介   記事一覧   公式SNS一覧|株式会社カシータ|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る