株式会社カシータ > 株式会社カシータのスタッフブログ記事一覧 > 固定資産税を滞納するとどうなる?売却できる条件もご紹介

固定資産税を滞納するとどうなる?売却できる条件もご紹介

≪ 前へ|美郷町鑓田の住宅用地のお引渡し事例   記事一覧   不動産売却の訪問査定とは?メリットや準備について解説|次へ ≫

固定資産税を滞納するとどうなる?売却できる条件もご紹介

固定資産税を滞納していると、不動産の売却ができなくなる可能性があります。
では、滞納している不動産を売却するには、どのような条件や方法があるのでしょうか?
そこで今回は、固定資産税の滞納による影響や、滞納をしている場合の売却方法についてご紹介します。

固定資産税を滞納するとどうなる?

固定資産税・都市計画税は地方税にあたり、年に4回支払う事になっていますが、期日までに納付されなかった場合は税金に加え延滞金がかかってしまいます。
その後、自治体から督促状や納付催告書が届いても滞納が続くと不動産などの財産が差し押さえられる可能性があります。
それでも税金を納めなかった場合、差し押さえられた財産は公売にかけられる場合があります。
固定資産税の滞納に気づいたら、はやめに支払うか支払いが困難な場合は減免や分割払いなど、役所に相談するようにしましょう。

▼この記事も読まれています
不動産を売却する際に起こりやすいトラブルとは?事例を用いて解説

滞納時の売却できる条件とは?

固定資産税を滞納していると、不動産の売却に影響が出ます。
差し押さえが行われる前と後では、売却の方法や条件が変わります。
差し押さえが行われる前なら、普通に不動産を売ることもできるでしょう。
ただし、売却前には滞納した税金や遅延損害金や延滞利息などは全額支払わなければいけません。
そのため、市区町村に売却のことを届け出る必要があります。
もし売却活動中に差し押さえが行われた場合は、解除手続きが必要です。
差し押さえられた不動産を売却するには、役所に相談して差し押さえを解除してもらう必要があります。
解除の条件は基本的に滞納分の税金を支払う事で解除されますが、これは自治体によって異なることがあります。
自治体によっては、滞納している税金に加え、延滞金や催促手数料を求められることがあるので、なるべく早く役所に相談するようにしましょう。

▼この記事も読まれています
自宅の査定には書類が必要!あると良い3種類の書類をご紹介

固定資産税が払えないときの売却方法

固定資産税が支払えないときの売却方法には、リースバックや任意売却があります。
リースバックとは、不動産を売却した後、売却した自宅を賃貸借契約によって借りることです。
メリットは、不動産を手放さずに住めることや、滞納した税金や利息を一括で払えることです。
デメリットは、売値が安くなることや、家賃や管理費などを払わなければなりません。
任意売却とは、金融機関や保証会社などの許可のもとに不動産を売却することです。
メリットは、公売や競売よりも高く売れる可能性があることや、仲介手数料や引越し費用などの売却に必要な費用を売却額から捻出が認められることがあります。
デメリットは、任意売却を行うためには、関係者全員の同意が必要なだったり、売却額では住宅ローンや滞納した税金を完済できない可能性がある点です。

▼この記事も読まれています
不動産の一括査定とは?仕組みやメリット・デメリットを解説!

固定資産税が払えないときの売却方法

まとめ

固定資産税を滞納していたとしても、不動産を売却できるケースはあります。
しかし、不動産を売却する場合でも、滞納した税金や遅延損害金や延滞利息などは全額支払わなければいけません。
大仙市の土地・中古住宅・新築建売住宅なら、株式会社カシータがサポートいたします。
住まい探しのご相談やお見積りは無料で受け付けます。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|美郷町鑓田の住宅用地のお引渡し事例   記事一覧   不動産売却の訪問査定とは?メリットや準備について解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る