株式会社カシータ > 株式会社カシータのスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローン減税制度って知ってますか?

住宅ローン減税制度って知ってますか?

≪ 前へ|最近はやりの古民家リノベーション,その費用とは   記事一覧   消費増税と住宅ローン~住まい給付金~|次へ ≫
カテゴリ:住まいに関するお金のこと

住宅ローン減税制度って知ってますか?


住宅ローンを借り入れるとき,多くの人が一番心配になるのが,金利。

実際にローンを組むと,金利支払いだけで数百万円にもなります。

実は,そんな金利負担を軽減するために,所得税を控除してもらえる仕組みがあるんです。

そこで今回は,住宅ローン減税制度についてお話します。


住宅ローン減税制度とは?


住宅ローン減税制度は,住宅ローンの借り入れの際にの金利負担を軽減するための制度です。

10年間,各年末時点での
・住宅ローン残高
・住宅の所得対価
の少ない方の金額の1%が所得税から控除されます。
所得税だけでは控除しきれない場合には,住民税からも一部控除されるので安心です。

ただし,申請は世帯単位ではなく,個人単位で行うことになっているので注意しましょう。


制度適用の要件は?


この制度が適用される要件は,以下の通りです。

・控除総額は,10年間合計で,最大400万円まで。
・住民税からの控除額の上限は,年間13.65万円まで。
・住宅の床面積が50㎡以上。
・借入金の償還期間が10年以上

なお,平成31年10月以に消費税10%で購入の場合は,控除期間が13年まで延長されます。

この場合,11~13年目は,
・年末時点の借入金残高(上限4000万円)×0.01
・建物購入価格(上限4000万円)×0.02÷3
のうち,少ない方の金額が控除対象です。

なお,この制度は新築住宅以外にも,以下のような場合も対象となります。
・中古住宅
・増築
・一定規模以上の修繕や模様替え
・100万円以上かかる省エネ・バリアフリー改修  など

ただし,別のリフォーム減税を適用した方が控除額が増える場合もあるので,よく調べてから申請するようにしましょう。


手続きの仕方は?


居住した年の分の所得税に対して,翌年に確定申告書を提出することになります。

その後,年末調整の際に,所得税として天引きされていた中から戻ってくる,という訳です。

また,住民税からも控除される,という場合は,基本的には自動で手続きをしてもらえるので,安心ですね。


どのくらいお得?


一体この制度でどのくらい安くなるのか,実際に例を用いて考えてみましょう。

(例)
購入時の状態:消費税8%,年収300万円
ローン内容:借入金額2000万円,金利1%,返済期間35年 の場合
↓↓↓↓
10年間の控除総額:97万円

場合によっては,すまい給付金も加算されることもありますので,計算よりも控除額が増えるかもしれないですね。
(この例の場合は,すまい給付金は給付されません。)

いかがでしたでしょうか?
マイホーム購入の際には,こういった公的な補助に関してもしっかり活用して,お得にGETしましょう。

≪ 前へ|最近はやりの古民家リノベーション,その費用とは   記事一覧   消費増税と住宅ローン~住まい給付金~|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る