株式会社カシータ > 株式会社カシータのスタッフブログ記事一覧 > 机上査定と訪問査定の違い

机上査定と訪問査定の違い

≪ 前へ|知ってる?土地代金や建築費以外ににかかる費用   記事一覧   居住用財産を売却した時の税制優遇|次へ ≫
カテゴリ:住まいに関するお金のこと

机上査定と訪問査定の違い


不動産売却を検討する際、インターネットで検索すると、机上査定・訪問査定という文字を目にします。

同じ査定なのに何が違うの?と感じる人もいると思うので、具体的な違いを見ていきましょう。


机上査定


机上査定は、近隣の相場、利便性、面積、開口部の方角、築年数、駐車場の有無等の表面上で知りえた情報をもとに価格を算出する方法です。

インターネットや電話・FAX等で、気軽に問い合わせが可能なので、
もし高く売却できるなら買い替えを検討しようかな?という程度の緊急性が低い場合に利用するのがいいと思います。

売却を依頼する際の、業者選びの参考にするのもいいかもしれません。

ただし、不動産は、個別性が高く、上記以外にも価格に影響を与える事柄がありますので、参考価格程度に留めておいた方がいいでしょう。


訪問査定


訪問査定は、実際に物件を見て、室内外の劣化状況・境界石の有無、越境物、メンテナンス状況、設備・建具・床・壁材の等級、間取の使いやすさ、室内の実際の日当たり等、室内外の状況を含めた、根拠のある価格を算出します。

査定担当者が、自宅に訪問しますので、少し手間に感じるかもしれませんが、正確な査定額を知るためには、訪問査定は必要です。

訪問査定は、机上査定では分からなかったメリット・デメリットを見つけることができます。


訪問査定をすることによって発見できるメリット・デメリット


・築年数が古いので、土地として売却を考えていたが、メンテナンス状況が良く、建物としての売却が可能であるとを知れた。

その反対に、雨漏り等の履歴があった場合、建物として売却すると多額の費用が必要だったり、建物価格が大きく減額されたりする場合もあります。

・境界石がないことが判明し、測量費用がかかり、売却の経費が増加することが事前に分かった。

・隣地からの越境物があり、隣地との話し合いが必要なことが分かった。

・リフォーム(ホームステージング)してから売却した方が、好条件で売却できる可能性を知った。


まとめ


机上査定では、概算の価格を知るためにはいい方法だと思います。

転勤や転職のように売却が決まっている場合は、早い段階で訪問査定の依頼をすることをおすすめします。

訪問査定時には、土地で売却、建物付きで売却、ホームステージングしてから売却等の販売方法、広告方法、販売開始時期を相談しながら進めていきましょう。

売却時に大切なのは、最終の手取り額です。

納得のいく売却をする為には、査定額を知るとともに、正確な売却経費を知ることも重要になってきます。

訪問査定時に参考資料となるもの
固定資産税評価、登記済権利証、建物図面・仕様書、新築時のパンフレット、リフォームの見積書・領収書、住宅ローン償還表、身分証、隣地との覚書等

ご不明な点は、気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|知ってる?土地代金や建築費以外ににかかる費用   記事一覧   居住用財産を売却した時の税制優遇|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

最新記事



トップへ戻る