株式会社カシータ > 株式会社カシータのスタッフブログ記事一覧 > 消費税の引き上げで住宅購入の値段は上がる?

消費税の引き上げで住宅購入の値段は上がる?

≪ 前へ|ステージングした物件は、実は買主にもこんなメリットが!   記事一覧   既存住宅売買瑕疵保険、検査は誰がするの? 検査基準は?|次へ ≫
カテゴリ:住まいに関するお金のこと

消費税の引き上げで住宅購入の値段は上がる?


2019年10月に消費税が10%に引き上げられますが、住宅の購入にはどのような影響を与えるのでしょうか。

今回は消費税の引き上げによって住宅の値段は上がるのかどうか、住宅購入に与えられる影響についてお話しさせていただきます。


消費税の引き上げが与える影響


土地には消費税は課税されませんが、住宅を購入する場合、建物には消費税が課税されます。 

2,000万円の住宅を購入する場合、これまでの消費税8%であれば2,160万円となりますが、消費税が10%に引き上げられた後だと、2,200万円になります。

このように、増税後に住宅を購入すると同様の2,000万円であっても、40万円もの差が生まれてきます。

また、建物の価格に影響を与えるだけでなく、住宅を購入する際に不動産会社に対して支払う仲介手数料などの「諸費用」も課税対象となっているため、こちらも今までよりも価格が高くなります。 


住宅購入は消費税引き上げの前がおすすめ?


価格の面だけで見ると、消費税引き上げ前に住宅を購入した方がお得ですが、他の面から見た場合には、消費税引き上げ前に住宅を購入することが必ずしもお得だとは言えません。

引き上げ前に住宅の購入が殺到することで、住宅や工事費用などの価格が高騰する可能性も考えられるからです。

反対に、消費税引き上げ後に価格が落ち着き、引き上げ前よりも安く購入することができる可能性もあります。


まとめ


今回は消費税の引き上げによって住宅購入に与えられる影響についてお話しさせていただきました。いかがだったでしょうか。

住宅の購入は決して安い買い物ではないので、消費税の引き上げ前だからと急いで決めてしまうのではなく、将来を見据えて自分に合ったタイミングで購入を考えることが大切です。

何かご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|ステージングした物件は、実は買主にもこんなメリットが!   記事一覧   既存住宅売買瑕疵保険、検査は誰がするの? 検査基準は?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る