株式会社カシータ > 株式会社カシータのスタッフブログ記事一覧 > 売買物件の記載情報に誤りはないか?売主編

売買物件の記載情報に誤りはないか?売主編

≪ 前へ|不動産購入時の住宅ローンの金融機関の選び方のコツ!   記事一覧   売買物件の記載情報に誤りはないか?買主編|次へ ≫
カテゴリ:住まいに関するお金のこと

売買物件の記載情報に誤りはないか?売主編


不動産の売却には、「告知義務」という売主の義務があります。

売主の告知義務とは、物件の瑕疵について買主に告知する義務です。

瑕疵とは、通常は有している性能を有していないことや欠陥を指します。

売主に告知義務がある以上、買主と取り交わす書面には目を通し、記載情報に誤りがないかを確認する必要があります。

記載情報の誤りを訂正せずに契約してしまった場合、告知義務違反を問われる可能性があります。

どのうような記載情報に注意すれば良いのかをみていきましょう。


注意したい記載情報


「売主の告知義務」は、住んでいなけれ分からないことが多く含まれ、大きく分けて3種類あります。

物理的瑕疵・環境的瑕疵・心理的瑕疵の3種類です。

物理的瑕疵
雨漏り、シロアリの被害、火災・小火、床や壁の大きな穴など

環境的瑕疵
近隣の騒音や振動を発する工場、近隣に匂いを発する飲食店など

心理的瑕疵
殺人事件・死亡事故・自殺など

上記の内容は一例です。

売主の告知義務に該当するものは、買主の購入の意思決定に大きく影響するものです。

告知事項の記載は、物件状況報告書と付帯設備表に記載し、特に気になる情報は、重要事項説明書や契約書に記載してもらいましょう。

しかし、「告知したら売りにくくなってしまうのでは?」と不安に感じるものです。

そこは安心してください。

ある程度の告知事項は、不動産会社の営業が経験していますし、売却できます。

それよりも、告知せずに売却してしまった時のリスクの方が大きすぎます。

告知せずに告知義務違反になると売買契約の解除、損害賠償の請求、瑕疵を補修する費用請求を受ける可能性があります。

注意点としては、自己の判断で告知するか、告知しないかを決めないことです。

たとえば、3年前に殺人事件があったが、物件を取り壊したから告知しなかったというケースの場合、告知義務違反を問われる可能性があります。

自己判断はで決めると告知義務違反の可能性が高まります。

小さな事柄も不動産会社の営業に相談しましょう。


まとめ


不動産を売却する場合は、「売却してしまうから関係ない」というスタンスではなく、売主にも義務があることを自覚することが大切です。

長い間居住していた家の思い出とともに、居住していて感じたことを振り返るようにしましょう。

「買主が気にするだろう」という点は、不動産会社の営業に相談することをおすすめします。

売主として、物件資料、インターネットの公開情報、重要事項説明書、売買契約書、物件状況報告書、付帯設備表を確認し、記載情報に誤りがある場合は訂正しましょう。


≪ 前へ|不動産購入時の住宅ローンの金融機関の選び方のコツ!   記事一覧   売買物件の記載情報に誤りはないか?買主編|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

最新記事



トップへ戻る