株式会社カシータ > 株式会社カシータのスタッフブログ記事一覧 > 川沿いの家を売却する方法は?メリットや浸水被害を受けた場合の影響を解説

川沿いの家を売却する方法は?メリットや浸水被害を受けた場合の影響を解説

≪ 前へ|精神科病院に近い不動産でも売却できる?注意点・売却方法もご紹介!   記事一覧   セカンドハウスローンとは?一般的な住宅ローンとの違いや審査基準を解説|次へ ≫

川沿いの家を売却する方法は?メリットや浸水被害を受けた場合の影響を解説

自然災害の多い日本において、川沿いの家は売却しにくいのではないかと感じている方もいらっしゃるでしょう。
しかし、事前にできる対策を実施すればスムーズに売却できる可能性が高まります。
そこで今回は、川沿いの家を売却する方法やメリット・デメリット、浸水被害を受けた場合の影響について解説します。

川沿いの家をスムーズに売却する方法とは?

川沿いの家を売却するためには、まずホームインスペクションや地盤調査を実施する必要があります。
建物の安全性が心配である場合、売却前に実際に調査して現状を細かく把握し、その状況を正しく売主に伝えることが重要です。
調査の結果に問題がなければ買主も安心できるので、スムーズに売却できる可能性が高まります。
建物の安全性について懸念がある場合、更地にしてから売却することをおすすめします。
一度被災してしまうと売却価格が下がってしまうため、災害のリスクが高ければ被害を受ける前に更地にしたほうが良いです。

▼この記事も読まれています
不動産を売却する際に起こりやすいトラブルとは?事例を用いて解説

川沿いの家のメリットとデメリットは?

川沿いの家のメリットは、風通しが良いことです。
水辺が近く、夏の暑い時期でも風が発生しやすいため、快適な生活を送れます。
近年川沿いのエリアは開発が進められていることも多く、遊歩道や桜並木が整備されており景観も良い傾向があります。
一方、デメリットは地盤が弱いケースがあることです。
地震が発生したときに地盤沈下や建物が傾くなどのリスクがあるため、懸念に感じる方も多くいます。
自然が近くにあることから虫も発生しやすいので、とくに夏場は室内での虫対策も重要です。

▼この記事も読まれています
自宅の査定には書類が必要!あると良い3種類の書類をご紹介

川沿いの家が浸水被害を受けた場合の影響は?

川沿いの家が浸水被害を受けたら、その物件は瑕疵物件とみなされるため資産価値が下がってしまいます。
自分の家は無事だったとしても、周辺のエリアで浸水被害が起きた場合は自宅の価格にも影響を与える可能性があります。
そのため、相場価格から2〜3割程度値下げしないと売却が難しいことが一般的です。
浸水被害があったことを隠して売却しようとする方もいるかもしれませんが、浸水被害は大きな瑕疵であるため買主の購入前に告知しなくてはなりません。
売買契約時に告知する義務を怠った場合、契約解除や損害賠償責任を負うこともあるためご注意ください。

▼この記事も読まれています
不動産の一括査定とは?仕組みやメリット・デメリットを解説!

川沿いの家をスムーズに売却する方法とは?

まとめ

川沿いの家は建物の安全性を懸念する方が多くいるため、ホームインスペクションや地盤調査を実施すると安心です。
実際に浸水被害を受けたら相場より2〜3割価格を下げないと買主が見つかりにくいですが、トラブルを防ぐためにも被害の事実は必ず契約時に伝えることが大切です。
大仙市の土地・中古住宅・新築建売住宅なら、株式会社カシータがサポートいたします。
住まい探しのご相談やお見積りは無料で受け付けます。
まずは、お気軽にご相談ください。


≪ 前へ|精神科病院に近い不動産でも売却できる?注意点・売却方法もご紹介!   記事一覧   セカンドハウスローンとは?一般的な住宅ローンとの違いや審査基準を解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る