株式会社カシータ > 株式会社カシータのスタッフブログ記事一覧 > 親子リレーの住宅ローンのメリット・デメリット

親子リレーの住宅ローンのメリット・デメリット

≪ 前へ|住宅購入時にかかる諸費用について   記事一覧   大仙市大曲のコンクリート外構工事、消雪設備工事|次へ ≫
カテゴリ:住まいに関するお金のこと

親子リレーローン



住宅ローンのなかには、親子が同居するための「親子リレーローン」という商品があります。


「大きな二世帯住宅を建てて親子で返済していく!」など、借入者の条件に合致すればメリットが大きい商品になります。

ただ、その反面デメリットもありますので、しっかりと仕組みを理解しておくことが大切です。


そこで今回は、親子リレーローンのメリット・デメリットについて、お話しさせていただきます。



 親子リレーローンとは?


親子リレーローンとは、一つの住宅ローンを親子で借りて、まずは親が返済していき、そのあと子供が返済を引き継ぐといった、2世代で返済する住宅ローンです。


大きな特徴は、返済期間を長くすることできる点です。

たとえば、親の年齢が60歳の場合、一般的な住宅ローンであれば完済年齢が80歳までなので、返済期間は最大約20年間になります。

しかし、親子リレーローンを利用すれば、返済期間を親子合わせて35年まで延ばすことができます。


借りるための条件としては、「申込者の直系卑属(子や孫)であること」「同居もしくは同居予定であること」などが一般的にあり、その他の条件は普通の住宅ローンと同じです。



ペアローンとの違い


親子リレーローンとペアローンは混同されがちですが、下記の違いがあります。


親子リレーローン


  • ・住宅ローン本数:1本
  • ・返済者:最初は親で、そのあと子
  • ・団体信用生命保険:「子が加入」や「親子で1/2ずつ加入」「親子どちらかが加入」などがある

ペアローン


  • ・住宅ローン本数:2本
  • ・返済者:最初から親子が同時に返済
  • ・団体信用生命保険:親子で加入


親子リレーローンは返済期間を長くするときによく使われ、ペアローンは収入合算して借入額を増やすときによく使われます。



 親子リレーローンのメリット


借入期間を長くすることができる


先ほどもお話しした通り、一般的な住宅ローンは完済年齢が満80歳までなので、親が高齢の場合、返済期間が短くなります。

しかし、親子リレーローンを組むことで、最長35年まで伸ばすことができます。

そのため、毎月の返済額を抑えることができます。


借入限度額が増える


収入を合算することができるため、借入限度額を増やすことができます。

合算できる割合は金融機関によって違いがありますが、子の年収を100%合算できる場合や、50%合算できる場合などがあります。



親子リレーローンのデメリット


団体信用生命保険(団信)への加入に注意


団信とは、住宅ローンの借入者が万が一死亡や高度障害になったときに、住宅ローンの残りを完済するための保険です。

普通の住宅ローンは加入が必須ですが、親子リレーローンでは下記のパターンがあります。


  • ・子供が加入
  • ・親子それぞれが1/2づず加入
  • ・親子どちらか一人が加入

場合によっては死亡や高度障害になった場合に、住宅ローンが残ることがありますので、注意が必要です。


子供が他に住宅ローンを組めない


親子リレーローンは長期にわたって返済していくことが多いですが、その間、子供の生活環境が変化する可能性もあります。


たとえば、ローンを組んだときは子供が独身だったが、その後結婚して妻ができ、そして妻が同居を渋ったとします。


「他に新居を購入したい」と思ったとしても、親子リレーローンの残債があるうちは、新居の住宅ローンを組むのは難しいでしょう。



まとめ


いかがだったでしょうか?


親子リレーローンは条件に合致すればメリットが大きい住宅ローンですが、デメリットもありますので、しっかりと仕組みを理解したうえで、検討するようにしましょう。


何かご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

≪ 前へ|住宅購入時にかかる諸費用について   記事一覧   大仙市大曲のコンクリート外構工事、消雪設備工事|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る