株式会社カシータ > 株式会社カシータのスタッフブログ記事一覧 > 「新築建売住宅」と「注文住宅」 価格と特徴の違い

「新築建売住宅」と「注文住宅」 価格と特徴の違い

≪ 前へ|登記済権利証(登記識別情報)を紛失した場合の不動産売却   記事一覧   【解説】初心者でもわかる不動産売却|次へ ≫
カテゴリ:住まいに関するお金のこと

「新築建売住宅」と「注文住宅」 価格と特徴の違い


「新築建売住宅」と「注文住宅」 価格と特徴の違い

あなたが求めているのは、「新築建売住宅」、「注文住宅」どちらなのでしょうか。

まず、新築建売住宅が何か、注文住宅が何かしっかり特徴を捉えてみましょう。


建売住宅とは


建売住宅とは、土地と住宅をセットにして販売している新築分譲住宅のことを言います。

たいていの場合、まとまった土地で、区画がいくつか分かれていて、同じ仕様の住宅を、いくつも建てて販売をしています。

大手不動産が展開する建売住宅の場合には、住宅の外観までをしっかり配慮し、道路計画や植栽までを含めた美しい街作りも実現することがあります。

新築建売住宅は、住宅の間取りや設備・仕様もあらかじめ決まっているから、仕上がりのイメージもしやすいです。

しかし、あくまでも完成した住宅を購入することになるので、自由性はそれ程期待出来ません。

建売住宅のほうが安い価格で購入することが出来ますが、バルコニーが欲しい、防犯シャッター(雨戸)が欲しいといった場合も、完成している住宅ですから、
後付することになり、総費用が相当高くなってしまいます。

新築建売住宅を選択する場合、あなたが求める設備や装備がきちんと備わっているか、追加するとなればいくら程度かかってしまうのかのも、しっかりチェックして向きあう必要があります。


注文住宅とは


一方で注文住宅は、建売住宅と比較して自由性の高い家作りをすることが出来ます。

注文住宅では、建築士やハウスメーカーに設計を依頼して、法律が許す範囲なら、基本は、間取りや工法、設備、内装・外装など自由にリクエストすることが出来ます。

注文住宅の場合、既に土地をお持ちなら注文住宅を建てることだけ意識を向ければいいですが、土地がない場合には、土地探しからスタートする必要があります。

全体のプロセスに大きな違いを生んでしまうのが土地の有り無しの方です。

購入した土地の土地の形状やそのエリアの法規制の影響を受けてしまい、注文住宅は基本自由性の高い家作りなのですが、思い通りには作ることが出来ないこともあるでしょう。


注文住宅・新築建売住宅 価格の比較


一般的には、注文住宅のほうが、価格は高くなってしまうでしょう。

注文住宅はオーダーメイドなので高くなってしまうのは当然のことです。

建売住宅は、業者がまとめて設備、資材の購入などしたりし、無駄なコストを省き、結果、結構注文住宅とは大きな差が出てきます。

価格ですが、新築建売住宅は、土地込みで3849万円という調査結果があります。注文住宅は4886万円(土地価格含む)です。(スーモ調べ)

実際にここのデータからも、注文住宅を選択した場合、1,000万円もの価格差が出てきます。

注文住宅で土地を購入すれば、当然土地代が必要になります。

土地がある場合の注文住宅の購入価格の場合

首都圏:3,586万円
東海圏:3,377万円
近畿圏:3,274万円
その他:3,066万円
全国平均:3,274万円

という調査結果があります。(住宅金融支援機構(フラット35の金融機関のデータ)

土地なしという場合、同じデータでは

首都圏:4,666万円
近畿圏:4,081万円
東海圏:4,075万円
その他:3,506万円
全国平均:3,944万円

という結果です。

いかがでしょうか。いろいろ数値を見て考えることがあるでしょうけど、既に土地を持っているというのなら、大きな強みです。

注文住宅だって、新築建売住宅程度の価格で家作りをすることが出来ます。

エリアによって相当な違いも出てくるため、あなたの住んでいる地域の費用を参考にして予算を決定する必要があります。

更に家作りには、この価格以外にもかかる諸々の費用があるので、それも含めてしっかり計画する必要があります。


≪ 前へ|登記済権利証(登記識別情報)を紛失した場合の不動産売却   記事一覧   【解説】初心者でもわかる不動産売却|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

最新記事



トップへ戻る