株式会社カシータ > 株式会社カシータのスタッフブログ記事一覧 > 不動産を早く売りたい場合はどうしたら良い?早く売却するための方法を解説

不動産を早く売りたい場合はどうしたら良い?早く売却するための方法を解説

≪ 前へ|空き家買取のメリットとデメリットとは?買取依頼後の流れもご紹介   記事一覧   大仙市大曲 解体工事が完了いたしました|次へ ≫

不動産を早く売りたい場合はどうしたら良い?早く売却するための方法を解説

不動産売却の際に、さまざまな事情を抱えて「早く売りたい」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
不動産売却は、売ると決めた場合なるべく早く着手したほうが良いとされています。
そこで今回は、不動産を早く売却したほうが良い理由と、その方法についてご紹介していきます。

なるべく早く売却したほうが良い理由

冒頭でも話したように、不動産売却はなるべく早くおこなったほうが良いと言われています。
というのも、不動産会社に買主を探してもらう「仲介」で不動産売却をおこなった場合、基本的に売却まで半年から1年前後という長い期間が必要になるからです。
また、土地の価格というのは一定というわけではなく、情勢や周りの開発状況によって変動するものです。
高く売れるようになるのを待ったほうが良いケースもありますが、価格の大きな変動がなかったり、土地によっては下がったりする場合も多くあります。
高く売れるように待つ間の固定資産税のことを考えて早めに手放した結果、トータルで得をしたというケースは珍しい例ではありません。

▼この記事も読まれています
不動産を売却する際に起こりやすいトラブルとは?事例を用いて解説

早期売却が迫られるケースとは

早期売却が必要となるケースとして、1つは住宅ローンが残った状態での不動産売却で、「任意売却」といった売却手段が取られます。
時間がかかればかかるほど、現金で支払わないといけない月々の返済が出てきますから、こういった場合は早期売却が迫られるのです。
遺産として相続した不動産も、早く売却する必要が出てくる可能性があります。
なぜなら、1つの不動産を2人以上で相続した場合、権利は共有という形になり、きれいに相続することができないからです。
住宅として活用・運用する予定のない土地である場合は、早々に売却をして現金化し、分割したほうがトラブルを避けられるケースもあるのです。

▼この記事も読まれています
自宅の査定には書類が必要!あると良い3種類の書類をご紹介

最短ルートは不動産会社の「買取」

不動産を早く売りたいと思っている場合、最短ルートとしておすすめなのが不動産会社に買い取ってもらう「買取」という方法です。
不動産会社を介して買主を探すという作業が省かれますので、そのぶん早く売却の手続きを進められるのが特徴です。
仲介で探す場合、1年近くかかるケースも多くありますが、不動産会社の買取であれば1か月程度で売買が済んだというケースも珍しくありません。
また、早く売りたいのであれば、必要となる書類をすべて事前に揃えておく必要があるでしょう。
なかには取得に時間や手間のかかる書類もあるため、売却が決まる前から用意しておくと時間の節約になります。

▼この記事も読まれています
不動産の一括査定とは?仕組みやメリット・デメリットを解説!

なるべく早く売却したほうが良い理由

まとめ

不動産売却のなかには、遺産の分割や住宅ローンの事情で早く売らないといけないケースがあります。
運用する予定のない土地は、なるべく早く売却して現金化をすることで、トラブルを避けられます。
「早く売りたい」と思っている場合は、不動産会社の「買取」という方法が最短ルートですので、ぜひ検討してみてください。
大仙市の土地・中古住宅・新築建売住宅なら、株式会社カシータがサポートいたします。
住まい探しのご相談やお見積りは無料で受け付けます。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|空き家買取のメリットとデメリットとは?買取依頼後の流れもご紹介   記事一覧   大仙市大曲 解体工事が完了いたしました|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る